Did you know you are using an outdated browser?

益田龍一memo

性格・特徴・外見

  • けけけけ
  • 「今の笑いは、僕が生来お調子者だと云う証明です」(『百器徒然袋 雨』p52)
  • 顎の尖った鋭角な顔(『百器徒然袋 雨』p34)|八重歯(前述同じ)|長い前髪・文学青年のような髪型(前述同じ)
  • 眉も細くて唇も薄く、鼻も顎も尖っている(『百器徒然袋 雨』p37)
  • 「この前髪だって、ひ弱な感じを演出するためにのばしているんですね。例えば何かで殴られた時に、こう靡いてですね―――」(『百器徒然袋 雨』p59)
  • 「僕は状況設定嗜好(シチュエーションフェチ)ではありますが妄想型の人間ですから」(『百器徒然袋 雨』p55)
  • 「僕は見ての通りの貧弱な体格ですから」(『百器徒然袋 雨』p58)
  • 「はあ?まあ鍵盤楽器を少々。探偵が駄目ならジャズバンドに入ろうかと思っているくらいで」(『絡新婦の理』p223)
  • ※服装の記述が一切ない1
  • ……まあアプレーゲルを気取って、……チーフかなんか、こう巻いて。……葉巻かなんか持って……(『百器徒然袋 雨』p84)

人称

榎木津さん⇔マスヤマetc|和寅さん⇔益田君|中禅寺さん⇔益田君|関口さん(?)⇔益田君|木場さん(?)⇔(?)|鳥口さん(?)⇔益田くん|青木さん(?)⇔益田君|敦子さん⇔益田さん(?)|司さん⇔益田ちゃん

出生など

  • 益田には兄弟も居ない。(『塗仏の宴 宴の始末』p211)
  • 益田は祖父母の顔を知らない。(『塗仏の宴 宴の始末』p212)
  • 自分の父親を凄いと思うこともあるが、反面困った親父だと思うこともある。(『塗仏の宴 宴の始末』p212)
  • 益田は神奈川の紛乱(ごみごみ)した街中で育った。幼い頃は貧しく、長じてからも飛び切り裕福な暮らしは舌覚えも無いのだが、父親と云う人が都会志向だったから、益田は同世代のものよりはややモダンな生活をしていたようである。(『塗仏の宴 宴の始末』p211)

年齢考察

龍の字→辰年生まれ→1928(昭和 3年)戊(土兄:つちのえ)  辰(たつ)2

1928年 0才 (史実:1928年張作霖爆殺事件、中華民国南京国民政府樹立)
1938年 10才 (史実:1937年盧溝橋事件、1938年国家総動員法)
1948年 20才 (史実:世界人権宣言)
1953年 25才 (鉄鼠~面霊気) (史実:朝鮮休戦協定)

※引用は全て京極夏彦著作 講談社ノベルスより
ほか
益田龍一 – 京極夏彦作品人名事典

  1. 全裸説 []
  2. 想定2010年82才 []

Tags: , ,

Leave a Comment